本文へ移動
セントラルグリーン株式会社
新潟県新発田市本田3418番地
TEL.0254-32-2363
FAX.0254-32-3277
肥料、培養土の製造販売
緑化工事
園芸、農業
2
9
9
3
7
1

 
 
 
 
 
 
 
 
 

  2023年10月11日~13日 農業資材EXPO 2023 出展

昨年はコロナ明けにも関わらず多くの方に来展頂きましたが、今年はさらに多くのお客様でにぎわい、大盛況で展示会を終えました。今年の展示品は3つ ■昨年に続き「タブレット肥料をジョーロに入れるだけ、かんたんジョーロにポイ」 ■昨年からさらにシリーズ増えた「ドローン肥料/スカイアシスト」 ■生産者向けのすぐに溶ける粒状肥料「液体肥料の源」、どれも大好評でした。 ご来展頂きましたお客様におかれましては、感謝お礼申し上げます。ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2023年10月10日~12日 IFA Bangkok/Thai 2023 国際肥料協会カンファレンス(タイ)に出席

昨年はコロナ明けであまり多くの出席者はいませんでしたが、今年は非常に多くの出席者が各国から参加しました。私が出席した際の内容は、■アジア圏の肥料市場の現状報告、■温暖化による環境変化で洪水が発生し農業に大打撃、■肥料原料のアンモニアが火力発電で使用されて起きるトラブル等(日本/韓国のブルーアンモニアの貯蔵問題など) が発議されていました。 また各国企業との情報交換で、ロシアとウクライナの紛争や、イスラエル、ハマスの紛争、中国の輸出規制による肥料価格の影響を多く話され、情報交換できました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2022年10月12日~14日 国際農業資材EXPO 出展

3年ぶりの農業資材の展示会に出展(幕張メッセ)。社員一同 気合が入っていました。非常に多くの方に足を運んで頂きありがとうございました。今年は、新商品で 手を汚さず計量せずスグに肥料が溶けて使えるタブレット肥料を展示。またドローン専用肥料を展示しました。雨が降って足元悪い中、ご来展ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2022年10月5日~6日 IFA Singapore2022 国際肥料協会カンファレンス(シンガポール)に出席

数年ぶりの公の国際イベントに出席。最近の肥料価格高騰について各国の意見交換などありました。やはり値上りの原因は 新型コロナウィルス、中国の輸出検査(規制)、ロシア問題などの複数原因により値上がりしていると読んでいます。また、インドの肥料購買力、中国の肥料生産性、そしてスリランカ政府による有機肥料のみの栽培によって農産物が大減収し、国益が損なわれたなどの発表がありました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2020年1月28日 ドイツ園芸展示会 IPM Essen 2020 出席


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2019年10月9日―11日 幕張メッセ展示会 アグリテック2019に出展


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2019年4月10日 アーガスFMB カンファレンス2019 in 上海 出席


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2019年3月4日 中国のCAC国際展示会に出展


 
 
 
 
 
 
 

 2018年10月25日 IFA Singapore2018(国際肥料カンファレンス シンガポール2018)に出席

写真撮れなかったので、配布資料のみアプロード

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2018年10月10日 幕張メッセ展示会 アグリテック2018に出展

TOPへ戻る